arrow_downward

芯まで解説! もっと詳しく芋のチカラ

  1. 炭水化物なのに低GI
  2. 添加物フリー
  3. 原材料はさつまいもだけ
  4. 腸内環境を整える
  5. 脂質が少なくビタミン豊富
  6. 実はヘルシー

ヤラピン

生の芋を輪切りにすると、切り口から白い乳液のようなものが滲み出てきます。これはさつまいもにだけ含まれる特殊な成分「ヤラピンです。ヤラピンは皮の周辺に多く含まれています。腸の蠕動運動を促し、繊維との相乗効果で便秘を解消します。

食物繊維

さつまいもは、水溶性と不溶性の食物繊維をバランスよく含みます。腸内環境を整え、便秘解消に効果的です。全ての食材の中で、食物繊維の含有量が最も豊富です。血糖値のコントロールや血液中のコレステロールを抑制する働きもあると言われています。

食物繊維ベスト3

  1. やきいも(160g / 食物繊維5.60g)
  2. 菜の花(100g / 食物繊維4.20g)
  3. モロヘイヤ(60g / 食物繊維3.54g)

※1人1回分の料理食材

「imocchi」and more

ダイエットのお手伝い
焼き芋は甘いから太るというイメージがありますが、実はとってもヘルシーなのです。気になる脂質はほとんど含まれていません。豊富なカリウムでむくみも解消します。低GIなので、他の炭水化物よりも糖の吸収が穏やかです。腹持ちが良く、少量でも満腹感を得られます。美味しいので食べ過ぎないように注意が必要です。スイーツ代わりや、置き換え食に。ストレスを貯めることなく、ダイエットをサポート。
エイジングケア効果も
さつまいもの皮にはクロロゲン酸や、ビタミンC・Eが豊富に含まれています。一般的に抗酸化作用があり、活性酸素に対しても効果 があると言われています。その他にも、鉄分など体の内側からキレイと元気をサポートしてくれる成分が多く含まれています。
筋トレの味方
できるだけ体脂肪をつけずに、筋肉を増やしたい時のエネルギー源に。持ち運びしやすく気軽に食べられるので、ストレスなく食事管理を楽にしてくれます。日持ちするので、毎日のルーティーンに、ストックしておくのがオススメです。
様々なビタミン・ミネラル
ビタミン・ミネラルは不足している人がほとんどです。代謝を高め体の調子を整えます。なかでも体内の水分調整をしてくれるカリウムや、抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれます。元々ビタミンCは熱に弱いのですが、糊化したサツマイモのデンプンが熱から守ってくれる特性があります。
オールステージ
『imocchi』の水分量は平均的な干し芋の約2倍で柔らかい食感です。また皮ごと食べると胸焼けをしにくくなります。その為、ご高齢者の方やお子様も安心してお召し上がりいただけます。それぞれの世代の方がもつ悩みを美味しくサポートしてくれます。

平成最後の食ブームは焼き芋!?

400年前にさつまいもが日本に伝わり、【幕末→大正→昭和30年代→現在】まさに今、第4次焼き芋ブームが来ているといわれています。

東京の品川で毎年、全国の焼き芋を集結させたイベントが開催されるほどの盛り上がり。2019年の来場者数は58000人で、過去最高だったそうです。

そして干し芋も同じく右肩上がりの人気です。健康志向の方が増えた背景もあり、健康的なスイーツとして様々な世代のかたに需要が高まりました。

世界のさつまいもの生産量1位は今もダントツで中国なのですが、中国から日本への輸入量は一時期よりも減っています。近年は国内産の『安心・安全』への評価が高まったためです。

安心で美味しいものが求められる中、焼き芋ブームは一時的なものではなく、これから更に求められるものだと思います。